顔や身体にある瘢痕(キズアト)の形成外科修正手術についての詳しい説明をします。名古屋栄の形成外科専門医。 - 名古屋市中区「にしやま形成外科皮フ科クリニック」

HOME > 瘢痕拘縮形成術 > 顔や身体にある瘢痕(キズアト)の形成外科修正手術についての詳しい説明をします。名古屋栄の形成外科専門医。

顔や身体にある瘢痕(キズアト)の形成外科修正手術についての詳しい説明をします。名古屋栄の形成外科専門医。

2017年08月20日

顔や身体にある瘢痕(キズアト)の形成外科修正手術についての詳しい説明をします。

これまで当院にご相談に来られたキズアトの原因には

A:外傷・手術による線状のもの 
B:交通事故によるもの 
C:タバコ跡によるもの 
D:イニシャルなどが彫られたもの 
E:非吸収性注入異物によるもの 
F:ヤケドによる面状のものなどが挙げられます。

キズアトに残る異物(ゴミ)についての処理方法について

A:異物を含めて手術で取り除く
B:皮膚レーザー治療でゴミだけ取り除く

患者様の状態や希望をお聞きして方針を決定します。

形成外科の瘢痕(キズアト)形成手術について

基本的には、手術のデザインを慎重に行い、それに沿って瘢痕(キズアト)の部分を局所麻酔にて取り除き、その後に、表情筋の断裂などを修復や、皮膚と皮下を2層に丁寧に縫合を行います。キズアト方向、突っ張り具合によっては、Z形成術やW形成術など形成外科独特の方法を取り入れ縫合後のキズアトにかかる力を分散したりする処理も検討していきます。また、複数回に分けて手術を行うケースや、平行したキズアトは同時に行うとキズを引っ張り合うために、手術時期をずらしたりすることもあります。

顔面の傷跡は、人も目に一番触れる部分なので、「そのキズどうしたの?」とか指摘されやすく多くの患者様が気にされている症状です。瘢痕拘縮形成術(スカーリヴィジョン)は、キズアトをゼロにすることはできませんが、ある程度までは目立たなくすることができる点や表情筋断裂などの修復をすることができる点がレーザー治療と違う最大の相違点です。

scar-revision-nishiyama1-1.jpg

Z形成術の効果について

Z形成術は、形成外科的手術において陥凹した瘢痕や皮膚のシワに沿わない線状瘢痕の修正などに用いられます。皮膚切開のデザインがZの文字に似ていることからZ形成術と呼ばれています。2つの三角形の皮弁を入れ替える事によって、いろいろな効果が得られます。

○切開線の走行をを90度変更する。
○2点間の距離を延長する。
○線状瘢痕の拘縮を予防する。
○組織の位置を山から谷に変える。

Z-plasty-nishiyama.jpg

形成外科の最も基本的な手技。

1.皮切のデザイン

皮膚の切開線は、必ず皮膚のシワのラインと一致するように考えることです。手術を行うときには、時間をかけて慎重にデザインを行います。形成外科医のデザインセンスも問われるところです。

2.真皮縫合と皮膚縫合

皮膚の中縫いは細い糸で縫合し、この糸は基本的に抜糸をしません。糸の緊張がきつすぎないように注意して、皮膚の表面がぴったりと合せます。皮膚表面の黒糸は、5日目には抜糸を行います。

suture-nishiyama1-2.jpg

suture-nishiyama1-3.jpg

3.ドッグイヤーの修正

創縁の両端には、大なり小なりドッグイヤーという皮膚の隆起が生じます。ドッグイヤーは、できる限り修正を行った方が良い仕上がりになります。

nishiyama-dogear1-1.jpg

nishiyama-dogear1-2.jpg

nishiyama-dogear1-3.jpg

4.ハイドロコロイドゲルの貼付

私どものクリニックでは、この創面にハイドロコロイドゲルを貼付して、浸出液を逃がさないようにしています。

5.手術後のキズアトフォローアップ

スキントーンテープによる創の固定と内服(リザベン・柴苓湯)の処方6か月間を基本として、体質等によって赤みや盛り上がりが気になる場合にはケナコルト局所注射で対応を行います。

suture-nishiyama1-4.jpg

 
瘢痕拘縮(キズアト)でお悩みの患者様は、お気軽に下記のクリニックにご相談ください。
 
 

にしやま形成外科皮フ科クリニック(名古屋栄)を予約する

https://line.me/R/ti/p/%40hmd8545g

http://www.ekiten.jp/shop_5123566/

DR.Tomo3.jpg

にしやま由美東京銀座クリニック(東京都中央区銀座)予約する

https://line.me/R/ti/p/%40hlq6452e

http://www.ekiten.jp/shop_6992824/

にしやま由美東京銀座クリニ.jpg

 

http://www.momohime-medical.com



未成年者の方は同意書が必要になります

未成年者の治療については、下記の同意書持参又は保護者のご同伴でお願いします。

同意書のダウンロード


※ PDFファイルをダウンロードできない場合

1. 「同意書(PDF)のダウンロード」のアイコンにマウスを合わせ、マウスの右ボタンをクリックします。
2. 表示メニューから「対象をファイルに保存」を選び、パソコン上に保存してください。

お申込みはこちら

お電話・LINEでのお申込み


当クリニックでは皆さまに快適な診療をお受けいただくため「予約診療」を行っています。診療を受けられる方は、まず「受診の予約」をお取り下さい。

電話: 052-242-3535
line

こちらから予約も可能です。


「にしやま形成外科皮フ科クリニック」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-14-13 ドトール名古屋栄ビル5F
 【電話番号】 052-242-3535
 【診療時間】 月~金曜 11:00~20:00 土曜 11:00~20:00 日曜 11:00~15:00
 【休診日】 祝祭日休診
 【最寄駅】 地下鉄名城線矢場町駅より徒歩約5分

PageTop

初めての方へ
にしやま由美東京銀座クリニック
メディオスターNEXT
水光注射
メニュー
クリニック概要

名古屋市中区 形成外科 美容皮膚科 美容外科
「にしやま形成外科皮フ科クリニック」


【住所】
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-14-13
ドトール名古屋栄ビル5F


【電話番号】
052-242-3535


【診療時間】
月~金曜 11:00~20:00
土曜日  11:00~20:00
日曜日  11:00~15:00


【休診日】
祝祭日休診


【最寄駅】
地下鉄名城線矢場町駅より
徒歩約5分


カテゴリー
新着記事
クリニックブログ
Official HP
にしやま由美フェイスブック
アメブロ
インスタグラム
著書の画像1
著書「時計回りで食べなさい」
著書の画像2
著書「美女のスイッチ」


名古屋市中区 形成外科 美容皮膚科 美容外科 「にしやま形成外科皮フ科クリニック」
  • 住所:〒460-0008
    愛知県名古屋市中区栄3-14-13 ドトール名古屋栄ビル5F
  • 052-242-3535