腋臭症(わきが)手術 - 名古屋市中区「にしやま形成外科皮フ科クリニック」

HOME > 腋臭症(わきが)手術

名古屋 栄 ワキガの切開剪除法は、ワキガ治療の中で効果が高い手術法ですが、かなりの経験と技術を要します。

2015年06月09日 [記事URL]

ワキガの切開剪除法は、ワキガ治療の中で効果が高い手術法です。

手術方法としては、ワキの下の中央部を切開して皮膚をひっくり返して裏側にあるアポクリン汗腺を医師の目できちんと確認しながらとっていくものです。 医師が目で確認しながらとる方法なので、取り残しが少なくてワキガを完全に取り除いて、他人に迷惑をかけることは無いぐらいに効果を期待できる方法の一つです。

当クリニックでは、吸引法やシェーバー法という方法は切開剪除法に比べると、治療効果が劣るためお勧めしていません。

健康保険による手術料金は、

保険適応3割自己負担で片側:約18000円(手術は、片側ずつしかできません)

※健康保険適応手術には、その他に規定の初診料・再診料・検査料・処方料・処置料が別途加算されます。また、術後にマイナートラブルが発生したときの処置料金が必要になります。

切開剪除法の皮膚を均一の厚みに切るということは技術が必要です。

まず、皮膚を均一に剥離することにかなりの経験と技術を要します。裏側から汗腺を削るところもこの手術の肝の部分ですが、切りすぎると皮膚に穴があいたり、不十分であると汗腺が残ってしまったりなど、ひどいときにはそのダメージによって皮膚の一部が傷んでしまうこともあります。 しかし、遠慮気味にとったのでは、取り残してしまいワキガ症状が治らないことになってしまいます。

切開剪除法のデザイン

腋毛の発毛している部分より外側に約1cm程度の大きな範囲をマーキングします。手術範囲の中心に近いところで脇の下のしわの最もはっきりした所を切開線とします。

切開は4〜5cm程度ですが、傷が十分落ち着くとしわに隠れるため意外に目立ちません。

腋臭症1.jpg

皮膚切開と皮膚の剥離

皮膚を切開した後、マーキングした予定範囲の皮下をハサミで剥離(はくり)します。剥離する層は、脂肪層の浅い部分です。この層は、ハサミの先端を上向きにして、滑らせるようにするとスルスルと上手く簡単に剥離することができます。

この部分で深く入ったりすると余分な組織を傷つけてしまうので要注意です。

腋臭症2.jpg

汗腺の剪除

剥離した皮膚皮弁をひっくり返し皮下組織と汗腺をはさみ(剪)で慎重に取り除いていきます。これを剪除法(せんじょほう)といいます。剪除法は、皮弁を形成することから「皮弁法」とも呼ばれています。

外科用の良く切れるはさみで丁寧に一つ一つ切除していきます。

腋臭症3.jpg

こらは、皮下組織を切除を終了したところです。

腋臭症4.jpg

術後の経過

当クリニックでは、傷の縫合部にドレーンを2本入れて皮膚の下に血液が溜まらないようにしています。他のクリニックでは、タイオーバー固定という方法を用いることが多いのですが、私どもではタイオーバー固定は行いません。タイオーバー固定をすることで創部の状態が見にくくなり、何かマイナートラブルが起こっているときに判断がつきにくいからです。

その代わり、こぶし大のガーゼを脇の下に挟んで、弾力テープでがっちりと固定を行います。そして、創部の状態は翌日から毎日7日間ドレーンを取り除いたり、トラブルは起こってないか確認したり、圧迫を日に日に小さくしたりして7日目に抜糸を行います。

ここまでくれば、シャワー浴が可能になり、思いっきり腕を振ったり上げたりしなければ特に行動に制限はありません。治療後2週間目からは、脇の下全体に硬さや赤みが強くでることがあります。よって、リザベンや柴令湯の内服やキズアトをケアする塗り薬を使います。

傷痕が完全に落ち着くのに6ヶ月~1年くらいかかることも知っておいてください。

術後の合併症

手術後の合併症として皮下出血が一番の問題となります。仮に起こるとすると翌日の確率が最も高い合併症です。手術時には、完全に止血をして創部を縫合するのですが、ワキに何らかの力が加わったりすると再出血して皮膚の下に皮下血液が溜まります。

この皮下出血が起こると、ワキに鈍痛がありドレーンから出血が継続するため、早期に再度痲酔をしてキズの縫合を外し、洗浄し出血点を止める必要があります。

もし、手術後1週間後に診察をするというケースでは、最悪の場合、皮下血腫、細菌感染、皮膚壊死などで大きなキズアトを残すことにもなりかねません。

#名古屋  #栄   #にしやま形成外科皮フ科クリニック   #わきが   #腋臭症   #切開剪除法

にしやま形成外科皮フ科クリニック(TEL:052-242-3535)
にしやま由美皮フ科クリニック(TEL:052-219-5252)

http://nishiyama-clinic-nagoya.com/




  


未成年者の方は同意書が必要になります

未成年者の治療については、下記の同意書持参又は保護者のご同伴でお願いします。

同意書のダウンロード


※ PDFファイルをダウンロードできない場合

1. 「同意書(PDF)のダウンロード」のアイコンにマウスを合わせ、マウスの右ボタンをクリックします。
2. 表示メニューから「対象をファイルに保存」を選び、パソコン上に保存してください。

お申込みはこちら

お電話でのお問合せ


当クリニックでは皆さまに快適な診療をお受けいただくため「予約診療」を行っています。診療を受けられる方は、まず「受診の予約」をお取り下さい。

電話: 052-242-3535

「にしやま形成外科皮フ科クリニック」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-14-13 ドトール名古屋栄ビル5F
 【電話番号】 052-242-3535
 【診療時間】 月~金曜 11:00~20:00 土曜 11:00~20:00 日曜 11:00~15:00
 【休診日】 祝祭日休診
 【最寄駅】 地下鉄名城線矢場町駅より徒歩約5分

PageTop

初めての方へ
にしやま由美東京銀座クリニック
メディオスターNEXT
水光注射
メニュー
クリニック概要

名古屋市中区 形成外科 美容皮膚科 美容外科
「にしやま形成外科皮フ科クリニック」


【住所】
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-14-13
ドトール名古屋栄ビル5F


【電話番号】
052-242-3535


【診療時間】
月~金曜 11:00~20:00
土曜日  11:00~20:00
日曜日  11:00~15:00


【休診日】
祝祭日休診


【最寄駅】
地下鉄名城線矢場町駅より
徒歩約5分


カテゴリー
新着記事
クリニックブログ
Official HP
にしやま由美フェイスブック
アメブロ
インスタグラム
著書の画像1
著書「時計回りで食べなさい」
著書の画像2
著書「美女のスイッチ」


名古屋市中区 形成外科 美容皮膚科 美容外科 「にしやま形成外科皮フ科クリニック」
  • 住所:〒460-0008
    愛知県名古屋市中区栄3-14-13 ドトール名古屋栄ビル5F
  • 052-242-3535