ケナコルA注射療法/にしやま形成外科皮フ科クリニック(名古屋栄3丁目)

ケナコルA注射療法/にしやま形成外科皮フ科クリニック(名古屋栄3丁目)

2015-04-16

ケナコルト注射療法 ケナコルトAには、 1.ケナコルト−A筋注用関節腔内用水懸注40mg 2.ケナコルト−A皮内用関節腔内用水懸注50mg の2種類があります。 ケナコルトAの成分は、副腎皮質ステロイド「トリアムシノロンアセトニド」と呼ばれるものです。 ケロイドや肥厚性瘢痕に用いるのは皮内用のケナコルトAで、キシロカインE入り局所麻酔剤に混ぜて局所注射を行います。 顔のケロイド 好発部位は、主に左右の頬下のアゴ部分と耳垂・耳介。 アゴのニキビケロイド 頬下の顎部分は、ニキビや毛庖炎、 手術痕が原因で体質により 赤く盛り上がってくることが多いのです。 患 者様の中には、 この部分のにきびがなかなか治らないと 言って来院される方も見えます。 下顎部分のケロイドは、 化粧をしてもなかなか隠すことが難しく、 時と して引きつり感や痛み、痒みなどの 症状を伴います。 治療は、 トラニラスト・漢方薬の内服 ステロイド外用薬 時々のステロイド注射 です。 治療のゴールは、 ケロイドの平坦化および白色化 ですが、人によっては長期の治療となることがあります。 ステロド注射は頻回に打つものではありませんが、 確実にケロイド内に注入しないと効果が上がりません。 また、ケロイドがすごく硬いと注射液が 入るときに一瞬痛みがあるのが難点です。 この痛みはケロイドが軟化するとかなり軽減ざれます。 耳 垂・耳介は、ピアスによるものが 一番多い傾向にあります。 ケロイドの状態が少し落ち着いており 白色化しかけている場合には、 すぐに形成外科手術で取り除き ます。 しかしケロイドの赤みが強くパーンと張って 固い場合には、ステロイド注射と トラニラスト・漢方薬の内服、 ステロイド外用薬を約1~2ヶ月間行った後 に 形成外科手術でケロイドを摘出します。 いずれも手術後は、 同様に内服薬処方とテーピングを 6ヶ月~1年ぐらい必要になります。 体質によっては、 手術をし ても再発してしまうことも ありますのでご留意下さい。 (ケロイド 肥厚性瘢痕 ピアスによる 耳介ケロイド 耳垂ケロイド) ※この治療は公的保険の適応となります。

未成年者の方は同意書が必要になります

未成年者の治療については、下記の同意書持参又は保護者のご同伴でお願いします。

同意書のダウンロード


※ PDFファイルをダウンロードできない場合

1. 同意書(PDF)のダウンロードアイコンにマウスを合わせ、マウスの右ボタンをクリックします。
2. 表示メニューから「対象をファイルに保存」を選び、パソコン上に保存してください。

お申込みはこちら

お電話・LINEでのお申込み

当クリニックでは皆様に快適な診療をお受けいただくため「予約診療」を行っています。診療を受けられる方は、まず「受診の予約」をお取り下さい。

電話: 052-242-3535
line

※Lineお友達募集中! Lineから予約も可能です。 (ご予約の際に1.ご希望の施術、2.ご希望のお日にち 3.ご希望のお時間帯 4.お名前、5.ご年令、6.ご連絡先を明記してください。) ご予約状況をお調べして折り返しお返事をさせて頂きます。


「にしやま形成外科皮フ科クリニック」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-14-13 ドトール名古屋栄ビル5F
 【電話番号】 052-242-3535
 【診療時間】 月~金曜 11:00~20:00 土曜 11:00~20:00 日曜 11:00~15:00
 【休診日】 祝祭日休診
 【最寄駅】 地下鉄名城線矢場町駅より徒歩約5分

PAGE TOP

クリニック概要CLINIC
カテゴリーCATEGORY



名古屋市中区 形成外科 美容皮膚科 美容外科 「にしやま形成外科皮フ科クリニック」

住所:〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-14-13 ドトール名古屋栄ビル5F

052-242-3535




MENU

TEL
HOME