青あざ(太田母斑・異所性蒙古斑)のレーザー治療/にしやま形成外科皮フ科クリニック(名古屋栄3丁目)

青あざ(太田母斑・異所性蒙古斑)のレーザー治療/にしやま形成外科皮フ科クリニック(名古屋栄3丁目)

青あざ(太田母斑・異所性蒙古斑)のレーザー治療

太田母斑について

顔にできる青いあざのことを言います。おでこ、頬、こめかみなどにあり、統計上は女性に多く認められます。色調の変化は、ホルモンの影響により生後1年以内と思春期頃に濃くなると言われています。

異所性蒙古斑について

身体にできる青あざのことを言います。自然に消えてゆくものもありますが、10才ぐらいで残存しているものは生涯残る可能性があります。経過を見ないとわかりませんが、色調の濃いものは治療をした方が望ましいと考えます。

外傷性色素沈着症について

交通事故によるアスファルトや鉛筆の芯、花火の爆発などにより皮膚の中に異物が入り込み残ってしまった状態と言います。異物によって、青や黒色に見えます。

◆Qスイッチレーザー照射時の痛みの緩和

局所麻酔を用いて治療を行うので痛みはありません。

◆Qスイッチレーザー治療の経過

レーザーを照射した部分は、数日で茶色の薄皮のようになり、7~14日くらいではがれて、ピンク色のキレイな肌から周囲の自然な肌へとなじんでいきます。治療後しばらくは、目立ちにくい素材のシールを14~21日貼っていただきます。

◆Qスイッチレーザー治療の平均的回数

レーザー治療は、3ヵ月ごとに5回まで保険適応となります。

◆手術費用(3割負担の場合)のおおよその目安

太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症の場合は保険適用となります。

​※上記料金に初診料、再診料、薬代、予約料(1000円税別)などが別に必要となります。
※公費負担医療証をお持ちの場合には全てお持ちください(負担割合0割、1割、2割などが適応となる場合もあります。)
※この治療は健康保険の対象となります。

 


未成年者の方は同意書が必要になります

未成年者の治療については、下記の同意書持参又は保護者のご同伴でお願いします。

同意書のダウンロード

※ PDFファイルをダウンロードできない場合


1. 同意書(PDF)のダウンロードアイコンにマウスを合わせ、マウスの右ボタンをクリックします。
2. 表示メニューから「対象をファイルに保存」を選び、パソコン上に保存してください。

お申込みはこちら

お電話・LINEでのお申込み

当クリニックでは皆様に快適な診療をお受けいただくため「予約診療」を行っています。診療を受けられる方は、まず「受診の予約」をお取り下さい。

電話: 052-242-3535
line

※Lineお友達募集中! Lineから予約も可能です。

(ご予約の際に1:ご希望の施術内容と部位 2:初診・再診(患者番号)3:ご希望お日にち 4:ご希望のお時間帯 5:お名前 6:ご年齢 7:ご連絡先を明記してください。)

ご予約状況をお調べして折り返しお返事をさせて頂きます。

「にしやま形成外科皮フ科クリニック」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-14-13 ドトール名古屋栄ビル5F
 【電話番号】 052-242-3535
 【診療時間】 月~金曜 11:30~20:00(最終受付19時) 土曜 11:30~18:00 日曜 11:30~15:00
 【休診日】 不定期
 【最寄駅】 地下鉄名城線矢場町駅より徒歩約5分

コメントを残す

*

PAGE TOP

クリニック概要CLINIC
カテゴリーCATEGORY



名古屋市中区 形成外科 美容皮膚科 美容外科 「にしやま形成外科皮フ科クリニック」

住所:〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-14-13 ドトール名古屋栄ビル5F

052-242-3535




MENU

TEL
HOME