尖圭コンジローマ除去手術/にしやま形成外科皮フ科クリニック(名古屋市中区栄3丁目)

尖圭コンジローマ除去手術/にしやま形成外科皮フ科クリニック(名古屋市中区栄3丁目)

2020-10-20

尖形コンジローマの治療

尖圭コンジローマは、性器や肛門のまわりに数個~多数のイボができる誰にでも性行為感染症の一つです。STDのなかでは、性器クラミジア感染症、淋菌感染症、性器ヘルペスウイルス感染症に続いて報告が多い病気でパートナーからもらったり、移したりする可能性がある病気です

女性の場合は、主に大小陰唇や腟前庭、会陰、尿道口、肛門のまわりや肛門内といった場所のほかに、腟、子宮頸部など性器の内側にもイボが発生します。イボの大きさは径1~3ミリ前後から数センチ大までさまざまです。イボは乳頭状のほか、ニワトリのトサカやカリフラワーのような状態になることもあります。

患者さまは10代後半~30代の若い人が中心です。性行為の経験がある人なら誰でも感染・発症する可能性がある病気なので早く治療して治した方が良いでしょう。

尖圭コンジローマを放置するとどうなる?

■あなたのパートナーに感染させる恐れがあります

尖圭コンジローマは放置すると、あなたの大切なパートナーに感染させてしまう恐れがあります。広範囲のウイルス感染を認める場合には、コンドームをしていても感染予防をすることは難しいくなります。

■イボが急速に増えて広がる場合もあります

症状がどのように進行するかは個人差がありますが、個人差によってはイボはゆっくりと成長して数を増やすタイプと急速にイボが増えて、患部にあっという間に広がるタイプがあります。

■悪性型のウイルスが潜んでいる可能性もあります

尖圭コンジローマはHPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスに感染して発症します。このHPVには、良性型と悪性型があり、尖圭コンジローマにかかった人の中から、悪性型のHPVが同時に発見されることがあります。女性の場合、この悪性型のHPVは「子宮頸がん」を引き起こす可能性が高いことが分かっています。ガーダシル®(4価HPVワクチン)の接種で予防効果があります。

治療方法

コンジローマの一般的な治療方法は三種類あります。

1.塗り薬(イミキモドクリーム)による治療

2007年にベセルナクリーム5%®が発売されて以来、尖圭コンジローマの外用治療薬になっています。自分で週3日患部に塗り、10時間以内に薬を石鹸で洗い流す方法です。ゆっくり効いてくるので8週間~16週間治療を継続していきます。傷跡が残ることも少なく再発率も少ないのが利点です。副作用として皮膚がただれることがあり、腟や腸の粘膜面への塗布は禁忌となります。

2.炭酸ガスレーザーによる治療

イボの周囲に麻酔をして、レーザー光線で取り除く治療法です。治療しても再発可能性があり、イボが消失した後も再発のフォローアップが必要です。

3.手術療法

イボの周囲に麻酔をして、切除後に電気メスで焼く治療法です。治療しても再発可能性があり、イボが消失した後も再発のフォローアップが必要です。

コンジローマ治療

手術治療にあたっては、診断、手術前血液検査、手術、病理検査に対して保険が効きますのでご安心下さい。

手術費用(3割負担の場合)のおおよその目安
※公費負担医療証をお持ちの場合には全てお持ちください(負担割合0割、1割、2割などが適応となる場合もあります。)

男性の陰茎尖圭コンジローマ除去術  5,000~6,000円程度

女性の尖圭コンジローマ除去術 4,000〜5,000円程度

※上記の手術費用と、初診・再診料、手術前血液検査費用で2,500円程度、病理検査費用で3,000円程度かかります。
※病理検査はできものの性状や良悪、取り切れているかという観点で、医師の判断に基づき原則として行っております。

シルガード9(HPV予防ワクチン)料金

このワクチンは、次の目的で接種されます。
ヒトパピローマウイルス6、11、16、18、31、33、45、52
及び58型の感染に起因する以下の疾患の予防

・子宮頸癌(扁平(へんぺい)上皮細胞癌及び腺癌)及びその前駆病変
(子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)1、2及び3並びに上皮内腺癌(AI
S))
・外陰上皮内腫瘍(VIN)1、2及び3並びに腟上皮内腫瘍(VaI
N)1、2及び3
・尖圭(せんけい)コンジローマ

9価ワクチンは、子宮頸がんを約90%予防できます。HPV6/11/16/18/31/33/45/52/58 の 9 つの型の感染予防をしますが,これらの型のうち HPV16/18/31/33/45/52/58 の 7つの型 は、子宮頸がんのみならず、女性の腟がんや外陰がん、男女ともに肛門がん、中咽頭がんなどの原因となります。また、HPV6・11 型は男女の生殖器粘膜にできる良性のイボである尖圭コンジローマの原因の約 90%を占めるとされています。

・シルガード9は定期接種(公費)のワクチンではありません。
・全例登録が義務になっておりますので、この登録をせずに接種をすることはできません。
・シルガード9を接種する方は、『ワクチンQダイアリー』への登録が必要です。
・登録は、ご自身のスマホ等で実施していただきますのでご持参ください。
・接種適応年齢は9歳から。上限はありません。
・接種対象は女性のみとなります。
・診察時に情報開示有無の申請・許可を問い合わせるメールが登録アドレスに届きます。
・次回の接種時にも同様の手順が必要になります。

【このワクチンの接種スケジュールは?】

接種量および回数合計3回(1回0.5mL)、筋肉内に注射します。
9歳以上の女性であれば、接種できます。

[通常]
2回目 初回接種の2ヶ月後
3回目 初回接種の6ヶ月後

シルガード9 1本35,200円(税込)

初診料 3,850円、再診料 1,650円 (全て税込表示)が別途必要となります。

LINE

※Lineお友達募集中! Lineから予約も可能です。

ご予約の際に 1:ご希望の施術内容と部位 2:初診・再診(患者番号)3:ご希望お日にち 4:ご希望のお時間帯 5:お名前 6:ご年齢7:ご連絡先を明記してください。

ご予約状況をお調べして折り返しお返事をさせて頂きます。


未成年者の方は同意書が必要になります

未成年者の治療については、下記の同意書持参又は保護者のご同伴でお願いします。

同意書のダウンロード

※ PDFファイルをダウンロードできない場合


1. 同意書(PDF)のダウンロードアイコンにマウスを合わせ、マウスの右ボタンをクリックします。
2. 表示メニューから「対象をファイルに保存」を選び、パソコン上に保存してください。

お申込みはこちら

お電話・LINEでのお申込み

当クリニックでは皆様に快適な診療をお受けいただくため「予約診療」を行っています。診療を受けられる方は、まず「受診の予約」をお取り下さい。

電話: 052-242-3535
line

※Lineお友達募集中! Lineから予約も可能です。

(ご予約の際に1:ご希望の施術内容と部位 2:初診・再診(患者番号)3:ご希望お日にち 4:ご希望のお時間帯 5:お名前 6:ご年齢 7:ご連絡先を明記してください。)

ご予約状況をお調べして折り返しお返事をさせて頂きます。

「にしやま形成外科皮フ科クリニック」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-14-13 ドトール名古屋栄ビル5F
 【電話番号】 052-242-3535
 【診療時間】 月~金曜 11:30~20:00(最終受付19時) 土曜 11:30~18:00 日曜 11:30~15:00
 【休診日】 不定期
 【最寄駅】 地下鉄名城線矢場町駅より徒歩約5分

コメントを残す

*

PAGE TOP

クリニック概要CLINIC
カテゴリーCATEGORY



名古屋市中区 形成外科 美容皮膚科 美容外科 「にしやま形成外科皮フ科クリニック」

住所:〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-14-13 ドトール名古屋栄ビル5F

052-242-3535




MENU

TEL
HOME